HOME > お店に関すること > 脱毛サロンを中途解約する

中途解約とクーリングオフの違い

クーリングオフとは契約してから8日以内に解約する制度のことをいいます。勢いで契約してしまったり、無理な勧誘の元契約書にサインしてしまった場合などに利用できます。
一方中途解約とは、クーリングオフの期間が終わった後に解約する方法です。クーリングオフは全額返ってきますが、この場合は違約金が発生する可能性もあります。残った分の返金に応じる代わりに、解約損害料を支払うというわけです。8日までは法的に解除が求められますが、それ以降になれば消費者側の都合もあるため損害金が発生してしまいます。

中途解約の前に考えてみたいこと

脱毛サロンを利用していても、引越などによってやもえず中途解約しなければならないこともあるでしょう。でも解約する前にちょっと考えて欲しいことがあります。それは大手のサロンなら店舗の引越も可能となる面です。途中で利用できなくなる理由があるなら、ほかの店舗に移りたいと申し出ましょう。この場合は違約金は発生せず、契約している内容で続けることができます。全国規模で展開している脱毛サロンならこういった対処方法も可能となります。

途中解約のトラブルを減らすコツ

途中解約でトラブルを防ぐなら、こんな対処方法をしましょう。
1回ごとに料金を支払うサロン、1ヶ月ごとの料金設定の所を利用してみて下さい。また、部位ごとに契約すれば、一度に多額の損は発生しません。両脇のみ、手のみなど少ない部位なら数万円程度から利用できます。これをすべて使い切ってから違う部位に進めば良いでしょう。1箇所受ければ大体続けやすいかは分かります。全身脱毛に申し込む前に是非1箇所ためしてみて下さい。

このページのトップに戻る