HOME > 準備をしよう! > iライン

準備の方法

iラインの場合では基本は事前の自己処理が必要ですが、剃りにくい箇所でもあるため、お店側でも対応してくれることが多くなっています。粘膜にも近く難しいと思ったら、お店に相談しましょう。サロンによっても異なりますが、無料または1,000円くらいの費用で処理してくれます。
また、万が一剃り残しができてしまっても、対応してくれるサロンは多く、完璧を目指さなくても施術は受けられます。肌や粘膜を傷つけたほうが、施術が難しくなりますから、無理しない程度に自己処理してみて下さい。

当日はシャワーがおすすめ

iラインの施術は紙ショーツを履くため、ある程度隠すことができますが、それでもマナーとして当日はシャワーを浴びることをおすすめします。もし仕事帰りという場合は、ウォシュレットで清潔にすると良いでしょう。オリモノシートをショーツに事前に付けておくと、周りが汚れにくくなります。
また、生理の日などはお断りされることがほとんどです。予約の日と生理がかぶってしまったら、早めに連絡すれば費用はかかりません。生理の周期を予想し、予約すれば重なることはないでしょう。

専用のシェーバーを使えば簡単

普段からiラインを自己処理している方は気にならないと思いますが、初めての方はどうやって処理して良いか分からないこともあるでしょう。専用のシェーバーを使えば、無理なく自分でもできます。
まずは、ハサミで長い毛をある程度の短さまででカットするとやり易くなります。その後に先端が細い専用のシェーバーを使い、少しずつ処理していきます。不安でしたら粘膜近くまでやる必要は無く、処理したい箇所のみ剃ってみてください。

このページのトップに戻る