HOME > 準備をしよう! > 剃り残し

処理したつもりが…

自己処理したつもりでも、剃り残しがあると施術が断られてしまうことがあります。これは毛が長いためで、光が多くの場所に反応し、肌トラブルを起こしやすいからです。また熱が分散されれば根元に集中させることができずに、効果も半減しやすい意味もあります。
剃り残しといっても明らかに1本長いということでなければ大丈夫ですが、毛が長すぎるとか大幅な剃り残しは断られる可能性もあると考えておきましょう。シェーバーで丁寧に剃れば、残ることはほとんど無いはずです。

お店でしてもらえる?

剃り残しはお店でやってくれるのでしょうか?これはサロンによっても異なるようで、一概にいえません。絶対にダメというサロンでは、その箇所のみ避けて施術してくれることもあります。また、多少の剃り残しくらいなら、対応してくれる所も。100%剃り残さないというのはプロでもない限り難しいかもしれませんね。
背中やうなじのように自分では自己処理できない箇所は、大抵サロンでやってくれます。気になる方はどの部位に自己処理が必要か、カウセリングの際に聞くと良いでしょう。

プロのシェービングがついてくる所も

自己処理に不安のある方なら、はじめからプロのシェービングが付いてくるサロンを選べば良いでしょう。意外と剃り残しは出てしまいますし、自己処理しやすい腕や足でも裏側など見えにくい箇所は残りがちです。
また、元々シェービングのサービスが無いサロンでも、有料でプラスすることもできます。1回1,000円などそれ程値段は高くないので、剃り残ししやすい箇所があったら、無理しないほうが良いかもしれません。その際には自分でシェーバーを持参するのか、お店の物を使わせてくれるかは確認しましょう。

このページのトップに戻る