HOME > 準備をしよう! > 脱毛前の準備

お肌のこと

脱毛サロンに行く前には、肌の保湿をおすすめします。脱毛器は肌に水分が多いほうが効きやすく、乾燥していると上手く熱が伝わりません。保湿は顔に使うローションで構いませんから、水分をたっぷりと補いましょう。このひと手間で効果が得られやすくなります。
また、保湿をするのは肌を保護する意味も持っています。脱毛はどうしても多少のダメージが肌にかかりやすく、乾燥していると更に影響を受けてしまうからです。保湿をして肌を健康にしておけば、トラブルを防げるというわけです。

剃刀処理する

脱毛を受ける前には、毛を処理しておきます。前日または2日くらい前に処理すれば良いでしょう。このときには絶対に毛抜きは使わないで下さい。電気シェーバーが一番肌に負担をかけず、毛のサイクルも狂わせません。
光脱毛は毛根にある黒い色素に反応しやすいため、直前よりも2日くらい空けたほうがベターです。多少根元の毛が伸びてくるくらいがちょうど良いのです。また、直前だと肌に刺激がかかり、脱毛によって炎症が起こりやすくなるという意味もあります。自己処理で肌が少し落ち着いてからのほうが良いでしょう。

過度な日焼けは避ける

脱毛前には過度な日焼けは避けて下さい。光脱毛でも軽い火傷のような状態になりますから、その前から皮膚に炎症があると症状がひどくなることがあるからです。軽い日焼け程度ならそれほど影響は無く、毎日の生活でUVカットしていれば問題はありません。ただし夏など日差しが強い時には、薄手のカーディガンを羽織るなど対処したほうが良いでしょう。特に日焼けしやすい方や、日光に当たると皮膚が赤くなってしまう方は注意してみて下さい。

このページのトップに戻る